【理系でもわかる】【資産形成】株式投資での株価の見方!

【株式投資】

はじめに

年金制度問題や老後2000万円問題など、退職後の資産がクローズアップされることが多くなってきました。
「投資形成」を検索すると、「株式制度」「投資」などがヒットします。

株や投資の話をすると、
投資とか、株式っていうと、リスクがあるんじゃないの?
なんか怖いイメージがあるんだけど・・・
だまされるんじゃないの?
すでにお金を持っている人が投資とかをするんでしょ?
というように考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私もそのようなイメージを持っていましたが、興味があって勉強したところ、上手に運用すれば、資産を管理できるということがわかりました!
なので、株式や投資での資産形成を紹介していきたいと思います。

この記事では、「株価の見方」を紹介します。

株価の見方

ローソク足の見方

ローソク足は、「始値」「安値」「高値」「終値」の4つから構成され、相場の勢いが一目でわかります。

上側の線(上ひげ)は高値を示し、下側の線(下ひげ)は安値を示しています。
始値より終値が上がったときは「陽線」(ボックスの中が白)で、始値より終値が下がったときは「陰線」(ボックスの中が黒)になります。

株価が上がっているときは、陽線が多くなり、株価が下がっているときは、陰線が多くなる。

ローソク足は、1日の動きを示す日足(ひあし)チャート、1週間の動きを示す週足(しゅうあし)チャート、1ヵ月の動きを示す月足(つきあし)チャートなどがあります。

移動平均線の見方

移動平均線は、過去の「ある一定期間」の株価の「終値」の平均値を日々算出し、折れ線グラフ化したものです。
株式市場のトレンドをつかむのに優れている点が特長になります。

移動平均線は、短期・中期・長期の移動平均線があります。
移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下落トレンドと判断できます。

ローソク足と移動平均線の位置関係も大切になります。
ローソク足が、移動平均線の下にあるのは、下落しているときで、移動平均線の上にあるのは、上昇しているときです。
また、短期・中期・長期の移動平均線が、3本とも同じ向きだと強いトレンドと判断できます。

市場全体のモノサシ

株を売買をするときの参考になる指標として、「TOPIX」と「日経平均株価」があります。

■TOPIX(東証株価指数:Tokyo Stock Price Index)
東証一部の全上場会社での時価総額の指数です。(加重平均)
1968年1月4日を100.00としたときの値になっています。
■日経平均株価
東証一部の代表的な225社での株価の平均です。(単純平均)
1949年5月16日の始値を176円21銭として、本日時点の平均株価になっています。

業績・株価に影響を与える経済事象

株価に影響を与えるのは、会社自体の業績要因がありますが、市場全体や経済事象の要因もあります。
業績・株価に影響を与える経済事象として、代表的なものに9つあります。

  1. 景気
  2. 金利
  3. 為替
  4. 資源価格
  5. 天気
  6. 海外投資家
  7. 経済政策
  8. 政治情勢
  9. 投資家心理

天気も株価に影響を与えているのが驚きですよね!
「晴れの日は株価が上がりやすい」事が、論文で実証されています。

わかりやすく「景気」と「株価」の関係を伝えると、
「景気が良くなる」と「生産・消費が増える」ので、「売上・利益が増え」ていきます。
「売上・利益が増える」と、株価が上昇します。
その逆もあります。
※「利益が上がる」と「株価が上がる」は、イコールでつながらないので注意してください。

好景気・不景気の終わりには、景気の回復期待で株価が高くなることや、景気の後退観測から株価が安くなることがあります。
これは、株価が景気の”結果”ではなく、”予測”の段階で動くので、景気の変わり目に株価が動くことが多いです。
そのため、景気の転換点を早い時期にとらえることが、株式投資において重要なカギになります。(それが難しいのですが・・・)

景気関連指標

株価の参考になる景気関連指標は、代表的なもので下記の6つがあります。

  1. 国内総生産(GDP)
  2. 月例経済報告
  3. 景気動向指数
  4. 景気ウォッチャー調査
  5. 日銀短観
  6. 米国雇用統計

国内総生産(GDP)
GDPの変化率(経済成長率)が、3か月ごとに発表されます。

月例経済報告
景気に関する政府の公式見解が毎月発表されます。

景気動向指数
景気に関する総合指数を毎月発表されます。

景気ウォッチャー調査
景気の実感に近いものを毎月発表されます。

日銀短観
全国企業短期経済観測調査の結果が3か月ごとに発表されます。

米国雇用統計
米国経済の動向を示すもので毎月発表されています。
※サイトは英語ですが、日本語で検索するとまとめサイトなどがあります。

これらを参考に株価を予測します。

まとめ

株価の見方や経済指標について、まとめています。
知っている指標もあれば、知らなかった指標もあるのではないのでしょうか。
さまざまな指標がありますので、ぜひ一度見てみてください!

次回は、「株価のリスクとリターン」を記事にしようと思います!


コメント

タイトルとURLをコピーしました